パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方!一緒に頑張りましょう!

【WordPress引越し】おすすめのサーバー移転代行業者【費用比較表】

 
【WordPress引越し】おすすめのサーバー移転代行業者【費用比較表】
この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら

「WordPressで作ったサイトの引っ越しを考えているんだけど、自分でサーバー移行は難しそう・・・。サイト移転の経験者にオススメの移転代行サービスがあれば教えて欲しい。できれば費用がどれくらいかかるかも知りたいです。」

とお悩みの方にお答えします。

 

サイトの引っ越しって、正直、ややこしい!のですよね。

僕はサイト売買をするので頻繁にサイトの引っ越しをする機会があるのですが、自分で移転作業を行うのはリスクもあるためかなり緊張します。

 

もしも知識が無い状態で作業を行うと、

  • デザインが崩れてしまう
  • コンテンツが表示されなくなってしまう
  • データが消えてしまう

上記の様なトラブルも起こりやすくなるので、かなりストレスのかかる作業だと言えます。

 

本記事では、そんなサイト引っ越しを安心安全に代行してくれるサービス業者の特徴や費用と実際に僕が使ってみたオススメのサービスを体験も含めてお伝えしています。

 

WordPressサイト移転サービスの費用相場一覧表

WordPressサイト移転サービスの費用相場一覧表

代表的なサイト移転代行サービスをピックアップして費用と各サイト移転代行業者のポイントを一覧にしてみました。

移転サービス業者 費用(税別) ポイント
MixHost
9,980円 移転先はmixhostのサーバー
カラフルボックス 12,800円 移転先はカラフルボックスのサーバー
サイト引っ越し屋さん 29,800円 作業の所要日数により変動
Hpmove 約30,000円
site move 30,000円 +αで料金が変動
GMOクラウド 50,000円

ここでは、なるべく費用が安く検索でも上位表示されている業者さんを選んでいます。

 

価格差が結構ありますが、作業内容にはそれほど関係なく、会社の規模や専門性が変わってくると人件費や広告費も変わるため価格に影響しているということになります。

ですので、単純に価格から選んで貰って構わないかと思います。

 

最も安価なmixhostカラフルボックスは、価格が安くなっていますがサーバーをレンタルするか、すでに利用している必要があります。

ただ、サーバー自体も非常に安価となっているため、例えば新規でサーバーを借りる予定の方やすでにどちらかのサーバーを利用している方には断トツでおすすめのサービスになります。

 

オススメ 1)mixhostのWordPressサイト移転代行サービス

オススメ 1)mixhostのWordPressサイト移転代行サービス

まず、僕がサイト売買でサイトを購入した際によく利用しているオススメの引っ越し代行サービスがmixhostさんのWordPressの移転代行サービスになります。

対応もかなり丁寧で、作業も早いためコストパフォーマンスが非常に高くとても気に入っています。

 

何をすればいいかを分かりやすくリードしてくれるため、初心者の方でも安心して任せることができます。

 

ただ、サービスを利用するためにはmixhostのサーバーをレンタルしておかなければいけないのですが、そのサーバー代も月に880円とかなり安いので、サイト移転業者にお願いするより格安で作業してもらえます。

 

サービスの内容

  • 移行先はmixhostのサーバー限定
  • https化サイト+3,980円
  • 移行後のhttps化+4,980円
  • 所要日数:5営業日以内

»MixHost公式サイトを確認する

オススメ 2)カラフルボックスのWordPressサイト移転代行サービス

オススメ 2)カラフルボックスのWordPressサイト移転代行サービス

まだ新しいレンタルサーバー会社のカラフルボックスさんですが、レンタルサーバーの方もブロガーさん達に好評のようです。

 

僕はまだ利用したことはないのですが、mixhostさんに比べてhttps化サイトの移転やhttps化の作業もサービスに込みとなっているので、場合によってはmixhostよりもお得な価格になるのでは無いかと思います。

 

カラフルボックスもmixhost同様にサーバーを借りる必要がありますが、それにしても引越し業者にお願いするよりはるかにお安くなっているかと思います。

僕は次にサイトを購入した際には利用してみようと考えています。

 

サービスの内容

  • 移行先カラフルボックス限定
  • https化費用込み、https対応移行可
  • 所要日数:5営業日以内

»カラフルボックス公式サイトを確認する

 

クラウドソーシングで外注する

それでも高いと思われる方やサーバーを借りるのは嫌だ!といった方には、外注化する方法をオススメします。

今回はクラウドソーシングの大手であるランサーズで価格やサービスについて調べてみました。

ランサーズ公式サイト

といった感じで、多くの移転代行サービスを提供している方が見つかりました。

しかも、業者に比べてかなりお安くなっています。

 

ただ、業者と違うのが、クラウドソーシングだとほとんどの場合が個人の方への依頼となりますのでいざという時の補償が心配な点ではあります。

 

起こり得るリスクは冒頭にも書きましたが、

  • デザインが崩れてしまう
  • コンテンツが表示されなくなってしまう
  • データが消えてしまう

などの点が挙げられます。

これらについて補償がないとなると、サイトの規模によっては業者に依頼するほうが安全策と言えます。

 

サイト移転業者は賠償責任保険に加入していることがほとんどですので、些細なトラブルも起こってはいけないサイトを移転する際には専門の業者に頼んだほうがよいでしょう。

逆に多少のトラブルはあっても問題のないサイトであればクラウドソーシングで外注するのがコストパフォーマンスが良いかと思います。

 

僕が普段よく利用するクラウドソーシングが下記の3社になります。

おすすめのクラウドソーシング

ちなみに今回上記の3社でWordPressのサイト移転サービスの価格や内容を調べましたが、ほとんど同じ様な結果となりました。

ですので、収益やアクセスが小規模なサイト移転なら、登録は無料ですしランサーズやクラウドワークスで探すといった使い分けが良いかと思います。

 

まとめ

以上、オススメのサーバー移転代行業者を主に費用の観点からお伝えしました。

mixhostとカラフルボックスはサーバーをレンタルすることが条件になりますが、それでもかなりお得になっているかと思います。

 

僕はサイト売買でサイトを購入した際に利用することが多くなっているので、サイト売買用のサーバーと自分で構築するようのサーバーに分けて使っています。

 

サイト移転の際の参考になれば幸いです。

ちなみに、一番安くサイト移転できるのは自力で作業を行うことになりますが、作業の基本的な流れを書いた記事が下記になりますので参考にしていただければと思います。

 

無料配布中

はじめてのサイト売買 -購入編-

【完全ガイドブック】

僕が実際にサイト売買でいくつもの取引をして実感した結論から言うと、

『サイト売買はブログ初心者の方や副業を初めたいと思っている方にとって、効率的かつ簡単に収益源を増やすことができる方法』

であるということです。

 

その理由や方法を全て詰め込んで分かりやすく解説していますので、ぜひダウンロードしてサイト売買をパラレルワーク(副業・複業)時代の一つの選択肢としていただければと思います。


この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら