パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方!一緒に頑張りましょう!

【狙い目のサイトは?】サイト売買で価格交渉を成功させるコツ【体験談です】

 
【狙い目のサイトは?】サイト売買で価格交渉を成功させるコツ【体験談です】
この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら

「サイト売買で買ってみたい案件があるけどちょっと予算オーバーなんだなー・・・あと少しだけ安かったら買いたいのになぁ・・・。失礼のない範囲で価格交渉をする方法を経験者の人に教えてもらいたい!」

とお悩みの方にお答えします。

 

サイトを買収する際に一番気になるのが値段だと思います。

少しでも安く買収して初期費用を抑えたいところですよね。

サイト売買に掛かった費用は早めに回収したいものです。

 

本記事では、僕の経験談から価格交渉を成功させるコツをお伝えしたいと思います。

 

サイト売買で値引き交渉がしやすいサイトの特徴

まずは値引きしやすいサイトの特徴をお伝えします。

値引きできる可能性のあるサイトル
  1. 相場価格より高い
  2. 直近の収益が下がっている
  3. 交渉期限の終了が近づいている
  4. マニュアルやサポート期間が無い

こういったサイトは価格交渉がしやすいサイトになります。

1つずつ見ていきましょう。

 

1)相場価格より高いサイト

相場価格は月の収益の10~24ヶ月位になります。

 

売却価格が月の収益の20ヶ月分以上のサイトになると、かなりの優良案件の可能性がありますが、まずは強気の価格設定で売却案件として出されているサイトも多くあります。

ですので、単純に月の収益の1~2ヶ月分の値下げ交渉が可能になる可能性があります。

 

さらにトレンドブログだと相場価格は10~15ヶ月位になるので、相場と比べて高い設定がされている場合は交渉がしやすくなります。

 

サイト売買仲介サービスの会社を挟んでいる場合は仲介会社に

「最近天気いいですよね!ところで今回これくらいの価格で考えているんですが・・・ぶっちゃけどうですかね?アハハ!」

とさりげなく質問してみても良いでしょう。

 

「それだと競争率が高いので厳しい」とか、「その価格ならイケるかもしれない」など情報やアドバイスが貰える場合があります。

ぜひ試してみてください。

 

ただ、優良サイトの場合は相場より高くても売れてしまうので、値切ってしまうことで買収の機会を逃してしまうこともあります。

  • 強気な価格設定をしているだけか?
  • 本当に優良なサイトで適正な価格なのか?

この2点をできるだけ判別して交渉しましょう。

 

2)直近の収益が下がっている

サイト売買の交渉に至るまでに、収益に関しては直近6ヶ月~1年間のデータを提出して貰います。

ここで年間での平均も気になるのですが、直近の1、2ヶ月の収益に注目してください。

 

収益が下がっている場合は値引きに応じてもらえる可能性が高くなります。

その際には、理由をしっかり聞いた上で交渉をしてください。

 

例えば、

「ずっと広告を出してくれていたスポンサーが居なくなったので下がっちゃった。」

「特別な単価を貰っていたASPが終了しました。」

などの理由だと、買収するのは辞めておいた方がいいでしょう

が、それ以外にメリットが大きい場合は値引き交渉を持ちかけると応じてくれる可能性が高くなります。

 

アドセンスが収益源の場合は、僕の経験上、サイトにもよりますが決算期の3月9月は単価が高くなり、1月4月などは下がるというデータがあります。

ですので、本来上がるところで下がっていた場合などには質問を投げかけて価格交渉のきかっけにするという方法もあります。

 

3)交渉期限の終了が近づいている

サイト売買仲介サービス会社では売却案件としての交渉期間が設定されていますので、期限切れまでに売り主さんもサイト売買会社も売りたいと考えます。

 

『え?!なんでこんなに不人気なん・・・?え?アレ?もしかして俺、全世界から嫌われてる?』

と売り主さん的には孤立し焦っている状況にあります。

 

ですので、価格交渉を持ちかけるのはお互いにとってWin-Winである可能性もあります。

交渉期限切れが迫っていて、少し値段が高めのサイトを見つけたら値引きしてみるのもアリです。

 

4)マニュアルやサポート期間が無い

サイト自体の条件はよいのにマニュアルやサポート期間無しの条件で売りに出されているサイトもあります。

 

この場合、値引き交渉もよいですが、まずはマニュアルやサポートを付けてほしいと交渉してみるのがよいでしょう。

 

値引きより価値のあるノウハウが手に入る可能性があります。

それらの条件を断られた場合に値引き交渉をしてみるのが良いでしょう。

 

マニュアルやサポートはあなたが売り主となった場合にも大変重要なアイテムになります。

以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

 

サイト売買で値引きできる可能性のある売り主

サイトを売却する主な理由として

  • 新規事業への資金作り
  • モチベーションの低下
  • 体調や環境の変化
  • とにかく金が欲しい!

があります。

 

この中で最も価格交渉に応じてくれる可能性が高いのがモチベーションの低下と体調や環境の変化があった売り主さんです。

 

「ワイもうアカン・・・やる気出えへん・・・1文字書くのに5時間掛かってるわ・・・」

「いきなり転勤になって、仕事内容も変わるからそれまでに売りたいねん!」

「両手がビリビリ痺れて、キーボードを打つと電気が流れます。」(かつての僕です。»参考:プロフィール

など、切羽詰まった状況にあるため一刻も早く売却をしたい心境にあります。

 

逆に、新規事業への資金作りや、とにかくお金が欲しい売り主さんに価格交渉を持ちかけても応じてもらえず買収できる可能性も下がります。

ですので、買収したいサイトが見つかったら売り主さんに売却の動機を確認してみましょう。

 

まとめ:サイト売買での最大のコツは信頼関係

ここまで、値切り交渉のコツを書いてきましたが、最後に最大のコツをお伝えします。

それは、買い主さんとの交渉の序盤にどれだけ信頼関係を作れるかというところにあります。

 

僕の経験上、

  • 売買したいサイトのことをとても親身に考えている
  • サイトの理念や長所を分析しておく

この2点が重要になってきます。

 

多くの場合、売り主さんは売却するサイトへの愛情が強いです。

これまで運営を続けてきてくれた売り主さんにリスペクトの気持ちを持って、引き継いだ後も愛情をかけて運営したいという気持ちが伝わるようにすることが信頼感家を作る近道になります。

 

そうすることで距離が縮まり、この人なら価格を少し下げても売りたいと思って貰えるようになります。

価格は変わらなくても、マニュアルやサポート期間といった付加価値が、場合によってはより価値のあるものへ変わることもありますので参考にしていただければ幸いです。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

無料配布中

はじめてのサイト売買 -購入編-

【完全ガイドブック】

僕が実際にサイト売買でいくつもの取引をして実感した結論から言うと、

『サイト売買はブログ初心者の方や副業を初めたいと思っている方にとって、効率的かつ簡単に収益源を増やすことができる方法』

であるということです。

 

その理由や方法を全て詰め込んで分かりやすく解説していますので、ぜひダウンロードしてサイト売買をパラレルワーク(副業・複業)時代の一つの選択肢としていただければと思います。


この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら