パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方!一緒に頑張りましょう!

【サイト売買】売却理由に要注意!【買ってはいけないサイトを見抜く方法】

 
【サイト売買】売却理由に要注意!【買ってはいけないサイトを見抜く方法】
この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら

「サイト売買で優良なサイトを見つけたいのだけど、良いサイトを悪いサイトを見抜く方法はないのかな?経験者の人がいたら教えてもらいたい!」

といった方に向けてお答えします。

 

サイト売買で優良なサイトか買ってはいけないサイトかを見抜く方法は色々あります。

本記事ではその中の一つ、売却理由からサイトの状態を見抜く方法をお伝えしています。

 

サイトを売却をする理由

売主さんがサイトを売却しようと思う理由には様々な種類がありますが、大きく分けてポジティブな理由とネガティブな理由があります。

買収するにあたって、優良なサイトになり得るのはポジティブな理由で売却されているサイトになります。

逆に買収を控えたほうがよい可能性があるのがネガティブな理由で売却に出されたサイトになります。

 

ですので、買収の際にはどのような理由で売主さんが売却するに至ったかはとても大事な情報になります。

サイト売買仲介サービスやサイト売買掲示板の案件一覧などにも表記されていることがありますが、交渉の際に直接売主さんに確認をしてみるとより詳しく教えていただくこともできますので、ぜひ質問してみてください。

 

ポジティブな理由

買収してもOKとなるポジティブな売却理由が

  1. 資金調達
  2. モチベーションの低下
  3. 環境の変化
  4. 体調の変化
  5. 元々売却するためにサイトを構築していた

といった理由になります。

 

1)資金調達

これは新しい事業へ参入するためやより大きなサイトを買収するためなどの資金を作るために売却するといったものです。

まとまった資金を得る手段としてサイト売却はかなり有効なので、もっとも多い理由になるかもしれません。

 

2)モチベーションの低下

単純に飽きちゃったとか、そのサイトのジャンルに興味がなくなってしまった場合に売却されるケースです。

ジャンル自体は右肩上がりでも、飽きてしまったら仕方ないですよね。

こういったサイトは狙い目の優良サイトになるケースもあります。

 

3)環境の変化

仕事や家庭の環境の変化から運営することが難しくなり売却に至るパターンです。

こちらもサイト自体にはネガティブな要素はないので良い状態でサイトを買収できる可能性が高いと言えます。

さらに、こういった理由の売主さんは売却を急いでいるケースも多く、『多少安くても早く売りたい!』という気持ちから価格交渉がうまく進むこともあります。

 

4)体調の変化

事故や病気で体調が悪くなり、運営が困難になったため売却するという理由になります。

環境の変化と同様、優良サイトを買収できる可能性と価格交渉の可能性が高くなっています。

 

5)元々売却するためにサイトを構築していた

ブロガーさんが売却のためにサイトを運営していた場合になります。

売却のために構築、収益化されているので買収後の運営もスムーズに行くケースが多いですが、短期間で収益化して売却されているとデータが少ない場合があります。

データが少ないと買収後も安定した収益化が目指せるかが見極めにくくなりますので、あまりにも運営年数の短いサイトは買収を見送ってよいかと思います。

 

といったように、様々な理由があります。

実際に僕は4の体調不良がきっかけでサイト売買というものを知りました。

体調不良で悩んでいるときに、サイトを売却できるという選択があるということはかなり心強く感じました。

僕の事例はサイト売買で個人がブログを2000万円で売却して気づいたメリットに詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

 

ネガティブな理由

  1. 収益が下がった
  2. ピークが過ぎた
  3. コアアルゴリズムアップデートの影響をモロに受けた

といった理由になります。

 

1)収益が下がった

これは当然、ネガティブな理由になります。

ただ、売主側が不利になるため理由としてサイトの情報欄などに記載することはあまりありません。

 

ですので、収益表の確認をしっかりと行って見極めていく必要があります。

個人交渉の場合はアドネットワーク広告やアフィリエイトの画面キャプチャの提出をお願いするようにしてください。

 

収益が下がった理由を確認して改善が可能な場合は買収の検討もできるようになります。

 

2)ピークが過ぎた

いわゆるピークアウトを迎えたジャンルになります。

アイドルやゲームの特化型トレンドブログやまとめサイトなどに見られる傾向です。

買収の際にはジャンルについてもある程度調べてから検討するようにしましょう。

 

3)コアアルゴリズムアップデートの影響をモロに受けた

ジャンルによっては復活の可能性もありますが、YMYLのジャンルについては気をつける必要があります。

主なYMYLのジャンル
  • 金融系
  • 医療系
  • 法的情報系
  • 公的情報系

などのサイトで大きく順位を落としている可能性が高いサイトには手を出さないことが賢明になります。

 

まとめ

このように、売却の理由からもある程度サイトの状況は判断できるようになっています。

買収したいサイトを見つけても、売主さんに売却理由を確認するようにしてください。

もちろん、売主さんが本当の理由を隠してしまう場合もありますが、そのときは提出して貰ったデータから優良なサイトであるか、または買ってはいけないサイトであるかを判断してみてください。

その他にも気をつけるべき点がいくつかありますので、サイト売買で起こるトラブルの事例と回避する方法【焦りは禁物です】の記事を参考にしていただければと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

P.S キケンな案件を見抜く方法も記事にしていますので参考にしていただければ幸いです。

 

無料配布中

はじめてのサイト売買 -購入編-

【完全ガイドブック】

僕が実際にサイト売買でいくつもの取引をして実感した結論から言うと、

『サイト売買はブログ初心者の方や副業を初めたいと思っている方にとって、効率的かつ簡単に収益源を増やすことができる方法』

であるということです。

 

その理由や方法を全て詰め込んで分かりやすく解説していますので、ぜひダウンロードしてサイト売買をパラレルワーク(副業・複業)時代の一つの選択肢としていただければと思います。


この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら