パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方!一緒に頑張りましょう!

【2020年版】キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる方法と見方

 
キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる方法と見方【シンプル解説】
この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら

「Googleキーワードプランナーを使って検索ボリュームを調べたいけど、初心者だから使い方が分からない。キーワードプランナーの見方も含めて教えてほしい」

といった方に向けてお答えします。

 

Googleキーワードプランナーはとても優秀なツールで

  • キーワードの検索ボリューム
  • 新しい関連キーワード候補

を検索して表示させることができます。

そして、表示されたデータから、それぞれのキーワードの集客効果の高さや、収益化に向いているかどうかが判別できるようになっています。

 

本記事では、そんな便利ツールであるGoogleキーワードプランナーを使って検索ボリュームを調べる方法と見方を割とシンプルに解説しています。

 

Googleキーワードプランナーへログイン

キーワードプランナーを利用するためには、

  1. Googleアカウント(Gmailアカウント)
  2. Google広告アカウント

2つのアカウントが必要になります。

 

アカウントの取得がまだの方は【2019年版】Googleキーワードプランナーを無料で使える登録方法【簡単です】の記事を参考に登録を先にしておいてください。

アカウントが用意できたら、さっそくGoogleキーワードプランナーにログインしましょう。

 

 

 

Googleキーワードプランナーにアクセスします。

キーワードプランナーに移動か右上のログインをクリックします。

 

 

ログインすると上の画像のようなホーム画面になります。

ホーム画面はブックマークしておくことで次回からスムーズに使えるので忘れずブックマークしておきましょう。

 

検索ボリュームを調べる方法

右側の検索のボリュームと予測のデータを確認するをクリックします。

 

 

上の画像のような画面になりますので、検索ボリュームを調べたいキーワードを単体でも複合でも入力することが可能になっています。

1行につき1つのキーワードを入力することができます。

 

 

また関連したキーワード複数を一度に調べたい場合は、検索エンジンに表示される関連する検索キーワードをコピペするという方法も有効になっています。

今回は『副業』で検索した関連キーワードを利用してみました。

 

 

 

上の画像のように検索したいキーワードを入力またコピペができたら開始するをクリックします。

 

 

入力したキーワードの情報が表示されますが、この画面は広告を出す際にかかる費用やクリック数、表示回数を示したデータになります。

今回は検索ボリュームを調べたいので、過去の指標をクリックします。

 

 

これで月間平均検索ボリュームが表示されました。

画像を見やすく拡大してみます。

 

上の画像の様にキーワードが普段どれくらい検索されているか大まかな数字で表示されます。

具体的な数字を見るためには?

数字を具体的にするためにはGoogle AdWords広告を利用することで確認することができます。

ただ、無料だと大まかな数字ではありますが、これでも十分な判断材料になります。

ですので、広告を出す予定のない方は無理に広告費を使わなくてもいいかなと思います。

 

次にどのようなケースで判断材料として活用できるかと見方についてお伝えします。

 

Googleキーワードプランナーの見方と活用方法

月間平均検索ボリューム

例えば、新しくブログを構築したい場合などには検索ボリュームの大きなキーワードのジャンルを選択することが重要になってきます。

検索ボリュームが少ないというのは、それだけ検索需要が少ないということになります。

 

ですので、事前に調べておくことで需要の少ないジャンルのブログを作って

アクセスが全然ない!

という状況を回避することができます。

 

記事を書く際にも同じで、前もって検索需要の大きさを調べておくことで、より効率的な記事作成ができるようになります。

あまりにもビッグキーワードすぎると検索上位を狙うことが難しくなりますが、検索上位を取ることができれば大きな集客に繋がります。

 

そして、実は残りの項目からも、とても重要なことが分かるようになっているのです。

  • 競合性:広告を出したいという広告主の多さを表しています
  • 入札単価(低額帯):広告を出す際にかかる1クリックあたりの入札単価が低額だったときの料金
  • 入札単価(高額帯):広告を出す際にかかる1クリックあたりの入札単価が高額だったときの料金

それぞれの効果的な見方をお伝えします。

 

競合性

競合性が『高』の場合は競合は多いですが、ビジネスチャンスとして大きいと捉えることができます。

今回の場合だと『副業 アルバイト』『副業 スマホ』がビジネスとして人気が高いことが分かります。

 

そして、競合が多いというのは競合が強いということと必ずしも同意ではありませんので、競合性が『高』であっても検索エンジンで上位に表示される可能性もあります。

 

その逆に『低』であっても必ずしも上位表示されるとは限りません。

『高』に比べると、ビジネスとしてSEO対策に取り組んでいるサイトが少ないと考えられるので、優良なコンテンツを作ることができれば上位表示されやすくなるという感じです。

どちらの場合も実際に上位の競合サイトを確認し、状況を把握した上で、よりユーザーのためになるコンテンツを作っていくことがポイントになってきます。

『低』なのにライバルが強い場合は、記事作成に大変な労力がかかりますので、そのキーワードは見送るという決断もできます。

逆に『高』であっても、ライバルのサイトに隙があった場合は記事を書くことができます。

ですので、競合性を把握することでブログ運営において効率的な戦略を考えられるということになります。

 

入札単価

入札単価はそれぞれのキーワードでの1クリックあたりの入札単価の金額になります。

つまり、この金額が高い場合は、それだけ広告費を高くかけても利益を上げることができる人気のキーワードということになります。

そのキーワードで検索上位を取ることができれば、多くの集客が見込めるようになります。

 

ここからは、先ほどの競合性の項目でのお話と同じになります。

実際に競合であるライバルサイトをチェックして上回るコンテンツを作るか、或いは違うキーワードを選ぶかといった判断材料として使うことができます。

 

まとめ

検索ボリューム+競合性+入札単価のデータを知ることで、さまざまな判断が根拠の元に行えるようになります。

ポイントとしては

  • 検索需要の多いキーワード
  • 競合性の高いキーワード
  • 入札単価の高いキーワード

が判断できるようになるという点です。

 

収益や集客につながりやすいキーワードをチェックしながら、ブログの構築や記事作成を効率的に行っていけるようにgoogleキーワードプランナーをどんどん活用してコンテンツを作成していきましょう!

 

Googleキーワードプランナーを使った新しい関連キーワード候補の見つけ方はキーワードプランナーで新しい関連キーワードを選定する方法の記事で分かりやすく解説していますので参考にしてください。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

無料配布中

はじめてのサイト売買 -購入編-

【完全ガイドブック】

僕が実際にサイト売買でいくつもの取引をして実感した結論から言うと、

『サイト売買はブログ初心者の方や副業を初めたいと思っている方にとって、効率的かつ簡単に収益源を増やすことができる方法』

であるということです。

 

その理由や方法を全て詰め込んで分かりやすく解説していますので、ぜひダウンロードしてサイト売買をパラレルワーク(副業・複業)時代の一つの選択肢としていただければと思います。


この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら