パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方!一緒に頑張りましょう!

Googleアナリティクスを使った『参照元』の調べ方【流入経路を知る方法】

 
Googleアナリティクスを使った『参照元』の調べ方【流入経路を知る方法】
この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら

「自分のブログへどういった経路で流入されているかGoogleアナリティクスを使って調べたい!できれば、検索エンジンだけでなくSNSやサイトなど具体的な参照元を知る方法を教えて欲しい・・・」

といった方にお答えします。

 

参照元とは流入元のことで、ユーザーがあなたのサイトやブログにを訪れるきっかけとなったサイトや検索エンジンなど直前に見ていたページのことになります。

参照元を把握することで、アクセスを増加させるための対策をピンポイントで取ることも可能になってきます。

 

本記事では、Google Analyticsを使って様々な流入元を調べる方法を分かりやすくお伝えしています。

 

Google Analyticsを使って参照元を調べる方法

Google Analyticsのホーム画面に移動します。

Google Analyticsの登録や設置がまだの方は【WordPress】Googleアナリティクスの設置と設定【簡単マニュアル】の記事を参考に準備をしてください。

左のメニューにある集客概要をクリックします。

 

 

上の画像のような画面になります。

デフォルトでは直近1週間のデータになりますが、右上の日付を変更することで指定の期間のデータを表示することもできます。

 

赤枠の部分には流入元の比率が円グラフで表記されています。

の部分には流入元の種類線グラフでセッション数・直帰率などが表記されます。

 

各項目の簡単な解説は下記になります。

  1. Organic Search:YahooやGoogleなどの自然検索からのセッション
  2. Direct:ブックマークなどからの直接のセッション
  3. Referral:他サイトからのセッション
  4. Social:FacebookやTwitterなどのSNSからのセッション

 

この他に広告を使っているサイトの場合はDisplay(ディスプレイ広告からのセッション)Paid Search(検索連動型広告からのセッション)といった項目が表記されます。

今回は、主要な4つの項目についてお伝えしています。

 

1)Organic Search』で流入元となったキーワードを調べる方法

Organic Searchを使ってYahooやGoogleなどの自然検索からの流入を調べます。

Organic Searchをクリックします。

 

 

(not provided)キーワードが表示されます。

キーワード部分のほぼ全体を占める(not provided)とは、GoogleやYahooなどで検索した際にユーザーが入力したキーワードになりますが、検索エンジンのSSL化により特定できないキーワード群の総称になります。

ですので、このOrganic SearchではSSL化されていない検索エンジンからの流入キーワードが表示されているということになります。

 

2)どういった検索エンジンから流入があったかを調べる方法

参照元をクリックすると流入元となった検索エンジンが上の画像の様に表示されます。

GoogleとYahooがほとんどを占めていることが確認できます。

 

3)Direct』を使って流入元となったコンテンツを調べる方法

ブックマークなどの直接の流入元を調べることができます。

Directをクリックします。

 

 

どんなページがブックマークされているのかを把握することができます。

つまり、あなたのブログでブックマークされる価値のあるコンテンツはどういったコンテンツかを知ることができるので、その方向にサイトを伸ばすなどの戦略も立てることができます。

 

4)Referral』を使って流入元となった他サイトを調べる方法

Referralをクリックします。

 

 

他サイトからの流入を調べることができます。

リンクを貼ってくれているブログやニュースサイト等の流入元を把握できます。

 

それぞれの参照元をクリックすることで、どんな記事にリンクが貼られているかも確認することができます。

僕はリンクを貼っていただいている方のブログを思わず読んでしまいます。ありがたいです。

 

5)Social』を使って流入元となったSNSを調べる方法

Socialをクリックする。

 

 

それぞれのソーシャルメディアからの流入が分かります。

把握することでそれぞれのSNSを強化していくという対策も打てるようになります。

 

まとめ

以上がGoogle Analyticsを使って、参照元(流入元)を調べる方法になります。

 

こういったデータを把握していることで、ブログ運営の展開に大きく影響してくるかと思います。

本文にもありますが、流入が弱い部分への対策や強化を行うことが闇雲ではなく戦略的に行っていけるので作業効率が格段にUPします。

 

ぜひ、今後のブログ運営に活用していただければと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

Google Analyticsの基本的な使い方のマニュアル記事とPV数やランディングページを確認する方法を解説した記事は下記を参考にしていただければ幸いです。

 

無料配布中

はじめてのサイト売買 -購入編-

【完全ガイドブック】

僕が実際にサイト売買でいくつもの取引をして実感した結論から言うと、

『サイト売買はブログ初心者の方や副業を初めたいと思っている方にとって、効率的かつ簡単に収益源を増やすことができる方法』

であるということです。

 

その理由や方法を全て詰め込んで分かりやすく解説していますので、ぜひダウンロードしてサイト売買をパラレルワーク(副業・複業)時代の一つの選択肢としていただければと思います。


この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら