パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方!一緒に頑張りましょう!

【公開】200万円でサイト売買をして失敗した案件【対応策の解説付】

 
【公開】200万円でサイト売買をして失敗した案件【対応策の解説付】
この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら

「サイト売買でサイトを購入したいけど失敗したらどうしよう?失敗事例とかないですか?また、そのときに取った対応策なんかもあったら教えてもらいたいです!」

といった方に向けてお答えします。

 

僕は今までに複数のサイト売買を行っていますが、恥ずかしながら2019年のGoogleコアアルゴリズムアップデートで失敗が確定したサイトの事例を紹介させていただきます。

最終的にはほぼプラスマイナスゼロというところまで持っていく予定ですので、その対応策も参考にしていただければと思います。

 

本記事では、200万円でサイトを購入して失敗した案件のアクセスと収益の経過や最終的に行うべき対応策も含めて赤裸々にお伝えしています。

 

失敗したサイトってどんなサイト?

2018年5月に某サイト売買仲介業者で購入した案件になります。

サイトは公的な制度に特化したジャンルになります。

 

購入時の条件や内容

  • ジャンル:ある制度についての情報サイト
  • 買収価格:240万円(価格交渉後→225万円)
  • 月間利益:約9.5万円
  • 収益化の方法:アドセンス

となっています。

僕は現在、制度に関するサイトは同じくらいの規模のサイトを2件ほど運営しているのですがそのうちの1件になります。

 

購入した理由

1番の魅力は、圧倒的に強く1位を独占したキーワードが複数あったことです。

その記事のおかげで数年間、収益をキープできていたことを売り主さんから聞いていました。

 

専門性が高いため競合となるサイトも少なく、上位キーワードの検索順位がすぐに下がってしまう心配はないと判断できました。

いわゆるキラーコンテンツですね。

極端な話、キラーコンテンツのメンテナンスを怠らなければ収益はキープできるような状態でした。

そして、逆に考えればキラーコンテンツ以外を伸ばしていくことで収益を底上げできる伸び代も感じました。

 

運営にかかる作業量も、僕自身はキーワードやテーマを選定して、外注ライターさんに依頼するという作業時間は1ヶ月あたり1時間ほどで運営できる案件でした。

 

購入理由をまとめると、

  • 恒久的ニーズのあるジャンル
  • キラーコンテンツがある
  • 数年間に渡り同水準で収益をキープ
  • 競合が少い
  • 月に1時間程で運営可能

という好条件であることは間違いない案件でした。

 

購入後の運営

どんな運営をした?

購入時の交渉での売り主さんからアドバイスでは

「月に数記事の更新で数年に渡りアクセスを維持できていました。」

とのことでしたので、ランサーズで専属ライターを二人ほど契約して週に2記事ペースで更新することにしました。

収益拡大のために、売り主さんのアドバイスより更新頻度は上げていこうと考えていました。

 

その結果、検索上位に表示されるキーワードも若干増えて、購入から8ヶ月間ほどは予想より若干高い水準で月間の収益が発生していました。

実に順調な滑り出しで2018年中に約90万円を回収することができました。

 

Googleアドセンスの単価下落

ところが、2019年1月から突如として月の収益が7万円前後に下がります。

これはアクセス自体はそれほど下がっていないのですがGoogleアドセンスの単価が急に低くなってしまったことが原因でした。

 

アドセンスがシーズンによって変動することには慣れていた(麻痺とも言えますw)のですが、1ヶ月以上経っても復調の気配がないため広告のジャンルの選定や配置の見直しなどできる限りの対策を打つことで若干ですが回復しました。

 

2019年Googleコアアルゴリズムアップデートの影響

しかし、直後の3月、春の訪れと共に恐怖のアルゴ(グーグルコアアルゴリズムアップデート)第一波がやってきたのです。

 

この3月のアップデートで初期から比べて全体のアクセスの30%を失う形になりました。

もちろん、それに伴って収益も激減します。

 

さらに6月の初夏の風が気持ち良い頃に、第二波を喰らいます。

ここで運営初期と比べて50%以上のアクセスと、収益に間しては75%を持っていかれました。

 

もはや見る影もなくなったサイトを抱きかかえながら手当て(リライト・更新・内部リンクなど)を行いました。

その懸命な処置の結果、アクセスは75%前後まで回復し収益も50%前後まで回復させることができました。

 

しかし、ああ無情!(レ・ミゼラブル)

残暑厳しい9月に第三波は訪れました。

これまでの僕の努力も虚しく再びアクセスは激減し、収益も過去最低へと近づきます。

 

下記の画像が収益推移の悲しいグラフになります。

初期の30%以下まで収益が下がっていることが分かるかと思います。

※Google規約遵守のため画像を加工しています。

もはやサイト完全復活に関しては万策尽きた形ですが、低い水準で安定したサイトと言えば多少は響きはよいでしょうか?

そして、現在に至ります。(冬)

 

失敗した理由

Googleコアアルゴリズムアップデートのせいでアクセスが下落した。

と言うことは簡単ですが、もう少し掘り下げて考えるとYMYLのジャンルに手を出しことも理由になります。

YMYLとは?
  • 金融系
  • 医療系
  • 法的情報系
  • 公的情報系

この公的情報系に触れてしまった可能性があることが敗因ではないかと考えています。

 

とは言え、購入時には未来のアップデートがYMYLのジャンルにここまでの影響を及ぼすことは予想できませんでした。

ですので、今回の失敗は不可避な運命であったとも言えます。

 

ただ、この経験は今後に活かせるノウハウになったことは事実ではないかと考えています。

 

今後の対策と出口戦略の重要性

サイト売買でどんなサイトを買ったの?

現在は確かに低いラインではありますが、YMYLに該当しない検索上位に残っているキーワードも複数あり、収益も安定しているので回収できるタイミングを待って売却予定です。

収益が下がった分、購入時よりもかなり安い価格になりますので、下げ止まりという観点から考えると欲しいという買主さんは現れるかと思われます。

 

サイトの売却額の相場は月の収益×20ヶ月ほどになりますので、現時点の収益で計算すると約60万円ほどの価値になります。

ただ、これまでの運営で約160万円を回収できているため、売却することで購入金額がほぼ回収できるという計算になります。

 

そして、これがサイト売買の大きなメリットの一つになります。

かなりの損害を被った形ですが、結果的には資金面でいうとほぼプラスマイナスゼロの状態まで持っていけるという点です。

今回のサイト売買は運営期間中の経費や人的リソースを考えると若干マイナスですがあくまでサイト購入額の話になります。

 

もちろん、購入時にはできるだけ長くピークを維持する方向でサイト運営を目指しますが、今後のサイト売買に必須のテクニックが出口戦略になってくるかと思います。

出口戦略を意識しておくことで、サイト売買で失敗するリスクを大きく下げることができますし、状況によって取れる選択肢が増えてきますので参考にしていただければと思います。

 

出口戦略について詳しく書いた記事がブロガーに告ぐ!あなたのブログは売れません【出口戦略の重要性】になりますので気になる方は読んでおいてください。

 

まとめ

収益化されているサイトを購入した感想

以上が、200万円でサイトを購入して失敗した事例になります。

 

今回の失敗から僕が学んだことは、

  • Googleコアアルゴリズムアップデートはいつ来るか分からない
  • どれくらいの実害を被るか分からない

つまり、今後のサイト売買では中長期的な計画だけではなく短期的なスパンでの出口戦略を意識しておく必要があるということになります。

 

サイト売買の参考にしていただければ幸いです。

 

規模は小さいですが早期に回収できた事例が下記になりますのでこちらも参考にしていただければと思います。

また僕の知人が基本的な失敗をしてしまった事例も下記に貼っておきますので合わせて読んでいただければと思います。

 

無料配布中

はじめてのサイト売買 -購入編-

【完全ガイドブック】

僕が実際にサイト売買でいくつもの取引をして実感した結論から言うと、

『サイト売買はブログ初心者の方や副業を初めたいと思っている方にとって、効率的かつ簡単に収益源を増やすことができる方法』

であるということです。

 

その理由や方法を全て詰め込んで分かりやすく解説していますので、ぜひダウンロードしてサイト売買をパラレルワーク(副業・複業)時代の一つの選択肢としていただければと思います。


この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら