パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方!一緒に頑張りましょう!

エスクローサービスって何?サイト売買で失敗しない方法【リスクを回避】

 
エスクローサービスって何?サイト売買で失敗しない方法【リスクを回避】
この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら

「サイト売買でサイト購入代金を払っても、ちゃんと譲渡してもらえるか心配・・・移管後に不具合が合ったりするのも不安だし、何かいい方法はないのかな?」

そういった疑問にお答えします。

 

初めてのサイト売買の場合は、色々と不安な点も多いかと思います。

特に代金のやり取りに関しては最もトラブルが発生しやすいので、どういったリスクがあるのかを知っておいた方がよいでしょう。

 

この記事ではサイト売買で代金のやり取りを安全に行うためのエスクローサービスの解説と、サービスを利用しなかった場合の買い手と売り手双方のリスクについて解説していきます。

 

サイト売買でのエスクローサービスとは?

サイト売買でのエスクローサービスとは?

サイトを売買する際に取引の安全性を保証するため、サイト売買仲介会社が第三者としてサイト代金を一時的に預かるサービスです。

 

簡単に説明しますと、

買い手から売り手へ直接入金をしてしまうのではなく、全ての取引が無事に終了するまで心配だから仲介業者に代金を預かって貰えばええやんか!

というサービスになります。

 

エスクローサービスの具体的な流れは、

  1. 買い手がサイト代金を仲介に入金して預かって貰う
  2. 売り手から買い手へサイト譲渡し検収する
  3. 仲介が売り手へ預かっていたサイト代金を入金

という形になります。

 

このサービスを受けることでいくつかの大きなリスクを回避することができます。

では、受けなかった場合どういったリスクがあるかを見てみましょう。

 

サイト売買でのエスクローサービスを受けなかった時のリスク

サイト売買でのエスクローサービスを受けなかった時のリスク

買い手側のリスク

買い手側の方はお金を支払う立場上、リスクが多のですが

  1. 代金を支払ったのにサイトを譲渡されない
  2. 検収結果が契約内容と明らかに違う
  3. サイト移管作業を遅延される

などのケースがあります。

 

代金を支払ったのにサイトを譲渡されない

これはサイト代金を入金だけされられて、肝心のサイトが譲渡されないまま連絡が取れなくなるケースになります。

最悪のケースですが、売り主が悪質な場合はありえることになります。

売り主のしっかりした情報もなく、契約書がない場合は泣き寝入りするしかないケースもありますので、一番回避したいリスクになります。

 

検収結果が契約内容と明らかに違う

こちらは、例えば交渉の際に月10万円の収益が上がると言われていたのに、研修した結果、実際には1万円ほどの収益しか上がらないサイトを譲渡されそのまま連絡が取れなくなるといった、収益表などを改ざんしているケースになります。

これは実際に僕の友人も被害にあった事例になります。

その時のことを記事にしていますので良かったら参考にしてください。

 

サイト移管作業を遅延される

移管作業に時間が掛かったというのは、入金されたことで売り主が精神的に優位になりますので、わざとデータを渡す期限をや移管作業を遅延させるケースもあります。

買い主は移管されるまで本当にサイトを譲渡してもらえるのか不安になってしまいます。

 

こういったトラブルやトラブルの元も個人間での交渉の場合は少なからず起こってしまいます。

 

売り手側のリスク

譲渡したのにサイト代金が入金されない

売り手が先にサイトの移管を行った場合のリスクで、サイトの移管作業も終わり、研修期間が過ぎても入金されないといったケースになります。

 

ただ入金が遅れているという場合もありますが、それでも売り手にすると精神的にしんどい期間になります。

個人間の交渉では契約書を作っていないため明確な期日を設けていないことも多くトラブルの元になることも少なくありません。

 

このような双方に起こるリスクを、第三者が介入することで回避できるのがエスクローサービスになっています。

 

買い手は検収が終わるまで、しっかりと契約内容に相違がないかを確認することができます。

その際に万が一、購入したサイトに問題があった場合には、契約を解除して返金して貰うことができます。

売り手も第三者がいることで、買い手の検収が無事終われば入金してもらうことができます。

 

まとめ;エスクローサービスはサイト売買では必須です

今回はエスクローサービスの内容とその必要性を書いてみました。

面倒だからとか手数料が掛かるからと、エスクローサービスを受けなかった場合は少なからずリスクがあることを覚えておいてください。

 

ただ、ほとんどのサイト売買仲介サービスの会社では無料でエスクローサービスを受けられるようになっていますので安心してください。

 

個人間での交渉を行うサイト売買掲示板などでは、手数料が掛かったり、サービス自体がない場合もありますので注意が必要です。

 

トラブルが起こってから対応するのではなく、トラブルが起こる前に対応することが結局楽ですし安心して取引ができます。

 

ですので、初心者の人は一つの目安として、エスクローサービスの有無を確認してサイト売買の仲介サービスを選ばれることをオススメします。

 

最後に【最新版】サイト売買ができるおすすめサイトを比較【体験談から】の記事がありますので、参考にしていただければ幸いです。

 

無料配布中

はじめてのサイト売買 -購入編-

【完全ガイドブック】

僕が実際にサイト売買でいくつもの取引をして実感した結論から言うと、

『サイト売買はブログ初心者の方や副業を初めたいと思っている方にとって、効率的かつ簡単に収益源を増やすことができる方法』

であるということです。

 

その理由や方法を全て詰め込んで分かりやすく解説していますので、ぜひダウンロードしてサイト売買をパラレルワーク(副業・複業)時代の一つの選択肢としていただければと思います。


この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら