パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方!一緒に頑張りましょう!

【2020年版】SEOを意識して記事タイトルを付ける【7つのポイント】

 
【2020年版】SEOを意識して記事タイトルを付ける【7つのポイント】
この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら

「ブログの記事のタイトルの付け方に悩んでしまう・・・Googleの検索上位に表示されるようなSEOを意識した記事タイトルの決め方を経験者の人に教えて欲しい!」

とお悩みの方にお答えします。

 

記事のタイトルの付け方って意外と悩みますよね。

ただ、ポイントを抑えることで比較的スムーズに決めれるようになってきます。

 

本記事では、SEOを意識した記事タイトルの付け方となる7つのポイントを分かりやすくお伝えしています。

 

1)タイトルでのキーワードの使い方

1)タイトルでのキーワードの使い方

タイトルには必ずキーワードを入れます。

 

キーワードとはユーザーが疑問に思ったことなどを検索する際に入力する言葉になります。

キーワードが入っていないと、ユーザーの疑問を解決する記事を書いていても、ユーザーがあなたのサイトに来てくれる可能性がほとんどなくなってしまいます。

ですので、どのような人に向けた記事であるかをタイトルで分かってもらう必要があるのです。

 

そして、キーワードはタイトルのなるべく先頭(左側)に持ってくるのが基本となってきます。

文字は左から読むので、優先順位の高いキーワードを先頭に持ってくることでユーザーやGoogleに何が書いてある記事なのかを判断して貰いやすくなります。

 

2)キーワードの重複・羅列を避ける

2)キーワードの重複・羅列を避ける

タイトル内に同じキーワードを複数入れる必要はありません。

むしろ、別のサジェストワードなどを入れるほうが検索結果に結びつきやすいので同じキーワードを重複させるのはなるべく避けましょう。

サジェストワードとは下の画像のようにGoogleで検索したときに候補として表示されるキーワードのことです。

 

ひとつのキーワード重複させるのではなく、複数のキーワードを組み合わせてタイトルを付けるようにしましょう。

 

あと、キーワードを羅列するだけのタイトルもよくありません。

例えば、

『たこ焼き 人気 お店』のキーワードで記事を書いたとして、そのタイトルが

たこ焼き 人気 お店

では、おそらくユーザーはクリックしてくれないでしょう。

文章として違和感の無いタイトルを付けるようにしましょう。

 

3)興味を引くワードを入れる

3)興味を引くワードを入れる

興味を引くというのは、いくつか方法があります。

記事の内容をタイトルでしっかり伝えることでユーザーの求める記事であった場合に強く興味を引くことができます。

 

また【簡単】とか【衝撃】とか、インパクトのある言葉を【】でくくって表現するという手法も有効です。

 

例としましては、僕が休息に書いているドキュメンタルの記事ですが

といった感じで注目してもらえるようにしています。

 

トレンドブログやまとめサイトなどでよく使われる、批判的なネガティブワードである【暴露】【怪しい】などをタイトルに使って興味を引く手法もあります。

ただ、この方法は一時的な効果はありますがサイトのイメージが悪くなることと、Googleのウェブマスター向け公式ブログに記載されている、

見出しやページタイトルは、コンテンツを誇張したり、読者に強いショックや不快感を与えたりするものでないか?

»Googleのウェブマスター向け公式ブログ

の部分に触れる可能性もありますのでオススメはしません。

 

そして、タイトルと記事の内容は必ず一致するように付ける必要があります。

タイトルを見てクリックしてくれたのに、内容が伴わないとその記事は評価されることはないでしょう。

 

4)タイトルに数字を入れる

4)タイトルに数字を入れる

これは僕もよく使いますし、有名なブロガーさん達も使うことが多くなっています。

【3ステップ】【7つのポイント】といった感じで使用します。

例としては

などがあります。

 

初めに具体的なボリューム感をユーザーに伝えることができるので、ユーザーもそのつもりで安心して記事を読み始めてくれる傾向にあります。

 

5)タイトルの文字数は32文字以内

5)タイトルの文字数は35文字以内

記事の文字数は年々変化していて、増加傾向にあります。

現在はPCだと32文字スマホは40文字前後となっていますので、どちらにもしっかり表示されるように32文字までに収めるようにしましょう。

 

6)タイトルに日付を入れる

6)タイトルに日付を入れる

これもかなり効果的な手法になります。

日付と言うか、【20〇〇年版】などをタイトルに入れることで、最新の情報であることをユーザーに伝えることができます。

 

例としては

WordPressのプラグインの設定や、ツールの使い方など、年々変化の起こるジャンルの記事を作成した際に使いたい手法になります。

 

7)他のページと同じキーワードのタイトルは避ける

7)他のページと同じキーワードのタイトルは避ける

ブログを運営していると似通った内容の記事を書かないといけない場面もありますが、タイトルは工夫して違うものにするようにしましょう。

トレンドブログだとシリーズものなどでタイトルが似てしまいそうになりますが、なるべく同じようなタイトルにしないようにすることで、それぞれのページが違うものであることをユーザーが認識しやすくなります。

 

同じようなタイトルを付けてしまうと、どちらか1つのページしか上位表示されないというケースもありますので意識的にタイトルに個性を持たせるようにしましょう。

 

まとめ:もっとも大事なことは・・・

まとめ:もっとも大事なことは・・・

ここまでのポイントをまとめると

  1. タイトルでのキーワードの使い方
  2. キーワードの重複・羅列を避ける
  3. 興味を引くワードを入れる
  4. タイトルに数字を入れる
  5. タイトルの文字数は32文字以内
  6. タイトルに日付を入れる
  7. 他のページと同じキーワードのタイトルは避ける

となりますが、最後に最も大事なポイントをお伝えします。

 

それは、ユーザーにとって分かりやすいタイトルを付けるということです。

なぜならユーザーに分かりやすいということは検索エンジンにとっても分かりやすいということと同意になっているからです。

 

つまり、ユーザーさんの為に、記事を書いて、タイトルを分かりやすく付けることがSEO対策のもっとも基本的な部分になるというわけです。

今後のブログ運営の参考にしていただければ幸いです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

ブログ記事を構成するテンプレートの中でも最も一般的なSDS法の紹介と実際にどのように記事を書いていくかの解説しています。

特化型ブログを初心者の方にも始められるロードマップが下記になりますので合わせて読んでいただければ幸いです。

 

無料配布中

はじめてのサイト売買 -購入編-

【完全ガイドブック】

僕が実際にサイト売買でいくつもの取引をして実感した結論から言うと、

『サイト売買はブログ初心者の方や副業を初めたいと思っている方にとって、効率的かつ簡単に収益源を増やすことができる方法』

であるということです。

 

その理由や方法を全て詰め込んで分かりやすく解説していますので、ぜひダウンロードしてサイト売買をパラレルワーク(副業・複業)時代の一つの選択肢としていただければと思います。


この記事を書いている人 - WRITER -
住吉しんりです! パラレルワーク(副業・複業)をやりたい人の味方です。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。
詳しいプロフィールはこちら